ピラティスの起源

ピラティスHOME > ピラティスの起源
ジョセフ・ピラティスの写真

ピラティスは、正式にはピラティス・メソッド(Pilates method)と呼ばれ、1920年代にドイツ人のジョセフ・ピラティス氏によって開発されました。
現在、ヨーガ、ビリーズブートキャンプと並び、アメリカの三大フィットネスに数えられるほどの人気を持つピラティスですが、もともとは1920年代にドイツ人従軍看護師ジョセフ・ピラティス氏によって、負傷兵のリハビリトレーニングとして開発されたプログラムでした。
呼吸法意識しながら、主にコア(体幹)のインナーマッスル(深層筋)をゆるやかに鍛え、筋力の強化よりも正しく筋肉を使う事が重要視されています。